about Moissanite
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

about Moissanite

0 JPY

Free shipping

About other shipping cost

1893年、地球に落ちてきた隕石の衝突跡から、宝石のかけらが発見されました。当初、ダイヤモンドと思われていたこの宝石は、研究によって「炭化ケイ素」という物質の結晶であることが判明し、「モアサナイト」と名付けられました。 モアッサナイト(Moissanite)とは、炭化ケイ素(SiC)の鉱物学上の名前です。炭素(C)から出来ているダイヤモンドとはそもそも構成する材料が異なるのですが、その見た目や特徴が似ているためダイヤモンドの類似石として扱われることがあります。 地球上において産出されることが非常に稀なため、天然モアサナイトの結晶は希少性があまりに高く、商業使用が禁じられています。そのため、科学者たちがこの美しい素材の製造を試み、ついにジュエリーとして使用できるモアサナイトの開発に成功し、1998年ごろからモアサナイトが市場に流通するようになりました。 長年、アメリカの会社がモアッサナイトのジュエリー化に関する特許を保持していたため、日本ではあまり認知されていませんでしたが、ダイヤモンドに勝るとも劣らない魅力からモアッサナイトジュエリーはアメリカの女性から高い評価を得ています。 また、特許が切れた2015年からはようやく世界各国の企業もモアッサナイトのジュエリーを製造できるようになり、日本でも年々その人気を増しています。海外では、モアサナイトは既に宝石として広く認知され、婚約指輪として選ばれることも増えてきています。 モアサナイトの特徴 1.硬さ モアサナイトは、衝撃への強さ・割れにくさを表す「靭(じん)性(せい)」においてダイヤモンドより高く非常に優れています。また、表面の傷つきやすさを表すモース硬度も9.5と、宝石の中ではダイヤモンドの10に次いで高い数値です。 2.輝き モアサナイトの最たる魅力は、その眩いばかりの輝きにあります。 モアサナイトは、宝石のきらめきの物理的指標「ファイア」がダイヤモンドの2.5倍。そのほか、白く強い輝きを作り出す「ブリリアンス」や、表面の光沢を表す指標においても、ダイヤモンドより高い数値を持っています。 3.メンテナンスのしやすさ ダイヤモンドが油脂を吸着しやすいのに対し、モアサナイトは油脂を寄せ付けにくいため、クリーニングをしなくても輝きが曇らず長く持続するというメリットがあります。皮脂でくすみやすいダイヤモンドのデメリットをクリアしています。 4.熱耐性 モアサナイトの構成物質である炭化ケイ素は化学的に非常に安定しているため、その結晶であるモアサナイトは、ダイヤモンドより高い熱耐性を持っています。 5.品質の高さ モアサナイトは人工的に製造されるため、高品質を一定量製造可能である安定供給性も特徴です。 6.値段の安さ 値段の安さも、モアサナイトの大きな利点です。サイズにもよりますが、VSやVVSクラスの同カラットのダイヤモンドの相場のおよそ約10分の1以下の値段で、最高品質のモアサナイトを手に入れることができます。(1ct.未満の石は研磨加工賃の比率が高いため、あまりメリットがありません) 7.Ethical & Clean :倫理的 近年海外では、一部のダイヤモンドは紛争を起こす反政府組織の資金源となる理由から、倫理的にモアサナイトを選択する人が増え始めています。大地の恵みである天然のダイヤモンドには語りつくせぬ魅力がありますが、商品の背景にある倫理的側面も重要視するようになった現代社会のニーズにも、モアサナイトはマッチしています。 ダイヤモンドにとって代わる日はまだまだ先のこととは思いますが、これらの理由から、シーンやアイテムによって使い分けを始める方が増え、弊社でもリクエストで取り扱いを開始いたしました。 スポーツやお仕事、ご旅行中や子育て中などのジュエリーをなくしやすいシーンにも。傷などを気にせずお使いいただけます。 金庫に入れたままの高価なジュエリーのバックアップとして日常使い用途など、多様なシーンでオーダーをいただいています。 お手入れやお取り扱いの観点からも、地金は通常と同じPT、750YG(K18)あるいは583YG(K14)で製作しております。 上記の通り小さな石ではメリットも出にくいため、一般のお客さまでは判別のつかない美しい石で、ぜひボリュームのあるアイテムをお楽しみください。